節税

個人事業主ができる病院の節税方法【今日から始められる】

病院経営をしている方で節税に着いて知りたい方へ。

病院の経営を良くするために節税したいと思いませんか?節税するためにどんな方法があるか知りたいですか?

この記事では、病院やクリニックを経営されている方で節税について知りたい方へ向けて書いています。

個人病院の経営ってホント大変ですよね。大学では医療についてはたくさん学んだけど、病院の経営なんて全く教えてくれません。

僕の通った歯科大学は理事長が経営について教えてくれる時間が2コマだけありましたが、「損益分岐点」という言葉を知ったくらいで実践的な勉強にはなりませんでした。

そこでこの記事では、学生時代や勤務医時代に病院経営を学ぶ機会がなかった方へ向けて、節税について分かりやすく解説しています。

 

この記事を書いている僕は父の病院に29歳で副院長として働き、34歳で継承、その後2年間の病院経営をしたあとに医療法人化にしたあと、理事長として経営をしながら、36歳でアメリカの専門医コースで学ぶために渡米したという経歴があります。ちなみに34歳で継承後は父は一切病院に関わっていません。

遠隔地から経営をこなせているという事実からも、病院経営や節税に関して信憑性のあるお話ができると思います。

病院でできる節税方法(個人事業主の場合)

病院でできる節税方法には大まかに次のタイプがあります。

  1. 家賃などの前払い
  2. ふるさと納税
  3. 新規開業または継承
  4. 医療法人化
  5. 食事をスタッフとのミーティングにする
  6. 残業しているスタッフに夜食を出す
  7. 国際学会に参加する
  8. 有能な税理士を雇う

俗にいうマンションを購入して節税対策というのは僕はやってません。

例えば、病院が個人事業ではなくて、医療法人の場合はスタッフの住んでいるマンションを借り上げて社宅として貸し出し、その分給料を低くすることで病院として経費になるし、スタッフも給与が減る分払う税金が減るので相互にとって良い節税方法となります。

また、マンションを節税目的、投資目的で持つには僕たちはあまりに知識が足りなさすぎます。

だって、世の中にはマンション投資のことばかり考えてる人たちがいるのに、そんな人達より抜きん出てマンション投資に詳しくなれるわけがないです。

なので、僕はマンション投資は過去にやったことはありますが、今はやっていません。

家賃などの前払いする

もしも、病院に資金が豊富にあって、来年一年分の家賃を払えるのであれば前払いすることでその分が経費にできるので節税効果があります。

1年分払えなくても半年分はらうだけで十分節税効果があります。

大体300万円前払いすると100万円節税効果がある計算です。

しかし、この方法の弱点は「1回しか節税効果がない」ことです。なぜなら、「今年と来年の2年分払ったことになるので、来年は再来年分を払っても1年分しか払ったことにならないからです。

なので、この方法は病院の売上が上がりすぎてしまった年のためにとっておくと良いです。

 

ふるさと納税を活用する

以前は旅行券などの金券などに交換できたので良い方法でしたが、政府が介入して年々使う理由が減ってきている方法です。

僕はもう使ってません。

でもA5和牛などが食べたい人はふるさと納税で割高のA5和牛を買うのもいいかもしれません。

ココ
ふるさと納税って割高で商品購入しているイメージがどうしてもあるんだよなぁ

 

病院を新規オープン・継承して節税

「病院を新規オープンする場合」も「親や親戚から引き継ぐ場合」もどちらも『新規開業』とみなされます。

病院の場合、自費治療が1000万円を超えなければ新規開業後2年間は消費税がかからないので、患者さんから自費治療費の10%分を徴収しておいて、まるまる税金として払わなくて良いのでおすすめです。

さらにこの節税法には先があって、個人事業として新規開業をして2年間の「消費税かからないボーナス」を使ったあとに、法人化して医療法人として再スタートさせるとまた2年間のボーナス期間がもらえます。

つまり法人化をうまくすると4年間は消費税を払わずに済むのです。税金のかからない売上が10%もらえることになりますね。

僕の病院はまさにこのパターンで個人事業として2年間たったあとに法人化しました。

実際には法人申請できる季節が決まっているので(たしか4月と10月)きっかり2年というわけには行きませんが、節税効果は十分出てます。

ココ
特にこれから病院をオープンする予定の人にはもってこいだね!

 

小規模企業共済に加入する

略して「小企済」と呼ばれます。

小企済は個人事業主のための退職金の積立システムのことで、1ヶ月あたり5000円〜最大7万円まで預け入れることが出来ます。

小企済に預け入れたお金はすべて経費としてみなされるのと、将来積み立てたお金をもらう時に税金がかからないので絶対に活用したほうがよい制度です。

ココ
小企済は個人事業主のための退職金システムだから特別なんだよ!

 

病院を医療法人化して節税

医療法人は法人税という個人事業よりも少ない税金で済むので節税効果があります。

しかし、医療法人で得をするためには売上が必要で、1病院あたり8000万円〜1億円の売上があると医療法人としての節税効果が個人事業を上回ります。

なので、規模の小さい病院が闇雲に法人化してもメリットがなかったり、節税効果が少なかったりするので税理士さんとよく相談して法人化を検討して下さい。

また先述の通り、医療法人化するとまったく新しい病院という扱いになるので、消費税を払わなくて良いメリットがありますし、銀行からの融資も受けやすくなります。

ココ
大体病院に残るお金が1200万円以上だと節税効果が出るよ!

 

スタッフと食事しながらミーティングする

よく院長とバイトのドクターが診療後にキャバクラにいくみたいな話を聞くと思いますが、あれが経費です。

キャバクラでどれだ病院経営について話せているかは分かりませんが、こういうのは『理由付け』が大切です。

例えば「キャバクラに行って若い女の子が歯の治療に対してどのような意識を持っているのか調査した」とか「取引先との人間関係を円滑にするためにキャバクラを使って親交を深めた」など理由がはっきりしていれば何でも経費に出来ます。

物書きの人がインスピレーションを得るためにホテルに滞在したなんてのが認められますから、きちんと理由があれば問題ありません。

特に診療後に勤務医とともにレストランに行き、メシをおごってあげながら診療について話し合ったりするのは有り得る話で、その場に事務や経理を任せている奥さんが同席してたって不思議ではありません。

僕だったらふるさと納税で割高のA5ランクの和牛を買うくらいなら、中の良い勤務医と和牛レストランでミーティングしますね。

ココ
話した内容の議事録と参加者もメモっておくと◎だね!

 

残業しているスタッフに夜食を出す

これが直接節税につながるかは疑問ですが、使い方次第で節税効果があります。

残業しているスタッフに対する夜食の提供は経費として認められているので、ピザとか注文して院長が何個かつまめば夕食代は浮くかもしれません。

またスタッフのために購入したけど残していった弁当を院長が翌日のお昼に食べても問題ないはずです。

 

国際学会に参加する

例えばアメリカ歯周病学会などは5年に1度、ハワイで開催されます。

海外の学会は配偶者の参加も認めていますし、実際に治療に従事していなくてもその分野のことを深く学ぶことは病院経営にとって必要なことですので、参加するための渡航費、ホテル代はすべて経費に出来ます。

学会期間中はどこのホテルも予約でいっぱいのことが多く、仕方なくグレードの良いホテルに滞在せざるを得ないことも多々あります。

学会は大体夕方5時に終わるので、それ以降に学会に参加された他のドクターと情報交換のためにバーやレストランに行くこともあるでしょうし、日頃お世話になっている先生とゴルフに行って新たな学びを得ることも病院経営にとっては必要です。

しかし、僕の知っている大先輩で国税局の査察が来た時に、「学会参加は遊び半分で行っているので経費は半分しか認めない」と頭ごなしできた国税局員がいたそうですが、負けないで下さい。

彼らもノルマをこなさなければならないサラリーマンなので「理論破綻」したことを言ってきますが、真面目に学会に参加したのであればきちんと主張すべきです。

僕はそういった価値のない時間は使いたくないので、全て税理士さんにお任せしています。

ココ
ノルマとはいえ、頭ごなしに否定は困るね!学会に参加した証拠や学んだ内容のメモなどは残しておこう!

 

有能な税理士を雇う

僕は税務のことは専門家ではないのでよく分かりませんが、税理士さんによって納税額がだいぶ違うことは経験しています。

僕が副院長として今の病院に入った時に僕が連れてきた税理士さんが両親の税金を100万円以上も節税した時に、両親は僕がなにか悪いことをして脱税したんじゃないかと疑ったほどでした。

実際には税理士さんが知識を使って様々な工夫をした結果、合法的に節税をして納税額を減らせただけなのですが。

しかも20年以上に渡って小企済の存在を両親に教えることはなく、もし積み立ててたら年間84万円×20年間分=1680万円にもなったお金に対する税金を払い続けていました。概計算ですが、600万円近くは節税出来てたと思います。

このように情熱がない税理士さんは節税のためのアイデアを持ってきたりせず、確定申告の時期だけ来て事務的な業務をこなすだけなので税理士選びは注意が必要です。

僕は、税理士紹介業者などを通して何人かの税理士さんに実際に会って、「空気感」とか「面接時にどんな提案をしてくるか」などを総合的に見て判断します。

また知り合いのところに出入りしている税理士さんが良さそうであればそういったツテで見つけるのも良いです。

特に先に病院を開業した同級生のところに出入りしている税理士さんや、先輩のクリニックですでに節税の実績がある場合は医療業界に精通しているということになるので話が通りやすいかもしれません。

ココ
税理士さんを探すには紹介業者さんを通すと早く見つけてくれるよ!

生命保険に加入する

生命保険は上限がありますが、確定申告のときに税金を下げる要素として使えます。

最低限度で良いので、積立型の生命保険に加入しておくことをおすすめします。

 

個人事業病院でできる節税 まとめ

節税はアイデア次第でいろいろなことが節税効果につながることが分かりました。

また優秀な税理士さんに仕事をお願いすることは、節税効果だけでなく病院の経営安定、収益増加にもつながります。

まずは今日できる節税対策として、「前払いできるだけの家賃があるか計算する」「有能な税理士さんを探す」などからはじめて、病院経営がんばって下さい。

-節税
-

Copyright© たろぺろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.