留学

留学経験者がおすすめする送金コストを44%〜79%下げる方法

留学経験者が実際に使っていたおすすめの送金方法が知りたくはありませんか?海外留学に必要な授業料や生活費を少しでも安く送金出来たらいいなと思いませんか?留学にお金の不安はつきものですよね。僕も留学中は常にお金の心配をしていて、勉強が手につかないこともよくありました。

そこで、この記事では「これから留学する人」や「現在、留学をしているけれどもっと安く日本からの送金をしたい」という方のために僕が実際に使って心からよかったとおすすめできる送金方法をお教えします。

この記事を書いている僕は、アメリカのフロリダ州への留学経験を持っています。家族の猛反対の中、自分の成長のためにと思っての留学だったので授業料の捻出から送金まですべて自分で準備を行い少しでも安く少しでも便利な方法を探し続けてきたので、少しでも安く送金したい方やこれから留学するので何をすればいいか分からない方におすすめできる内容になっていると思います。

海外送金に必要なコストとは?

日本から海外に送金をする場合、必ずかかる費用が2つあります。為替手数料と送金手数料です。

さらに使うサービスによって独自の手数料がかかります。

例えば日本の銀行経由で送金する場合、いわゆる「被仕向送金手数料」というかんたんにいうと送金下お金を海外の銀行で受け取った際にも手数料が取られます。また為替手数料もかなり割高で5%以上取られるので銀行経由での送金はあまりおすすめ出来ません。

逆に、着金手数料がないサービスや為替手数料、送金手数料が少ないサービスを選べば良いということになります。

留学資金を都市銀行で送金する場合

一般的に為替手数料が3%を超えていたら高いと考えて下さい。空港や銀行での換金がこれに当たります。

まずは例としてUFJ銀行の海外送金サービスを見て下さい。

どの都市銀行も似たような手数料が設定されています。

  • 海外送金手数料 6500円
  • 為替手数料 送金額の0.05%か2500円
  • 支払い銀行手数料 3000円
  • 着金手数料 送金額の0.05%か2500円

例えば100万円を送金したい場合は、手数料だけで最低14500円もかかります。

さらに銀行の換金レートはリアルタイムではなくて少しタイムラグがあるので若干高めになっていることがあります。

しかも100万円をどんと送らずに25万円ずつ、4回に分けて送るとかしたら 14500円×4=58000円 もかかる計算になるので銀行窓口での分割送金はぜったいおすすめしません!

ココ
銀行からの送金は一般的だけど手数料がとても高いんだね!

トランスファーワイズ経由で送金する場合

トランスファーワイズは、手数料の計算が明快で、いわゆる隠れコストというのが一切ない料金体系がクリアな送金システムです。

トランスファーワイズという会社自体がものすごく大きな会社で世界中に支社があるので、厳密には送金というよりも社内でお金が移動しているという捉え方のほうが正しいです。

社内にある「日本」という部署から「アメリカ」という部署に資金が移動しただけなので、様々な手数料を排除でき、とても安く両替と送金が出来るようになってます。

具体的には、(送金額の0.55%+100円)が手数料です。

100万円を移動する場合、手数料は5600円です。

送金金額が100万円を超えると追加の費用がかかります。

トランスファーワイズを使うためには入金先の口座が必要になってくるので、もしもまだ海外口座が出来ていない人や短期留学で海外口座を作る必要がない人は次にご紹介するマネーパートナーズを使った方法がおすすめです。

マネーパートナーズがおすすめな理由

マネーパートナーズを使った送金方法は2種類あります。

  • マネパカードを使う方法
  • マネーパートナーズのFX口座とマネパカードを組み合わせて使う方法

どちらも銀行や空港で両替するよりも良いレートで交換出来ますが、FX口座を持てる条件が揃っているなら2番めのFX口座と組み合わせて使う方法をおすすめします。

マネパカードのみを使った方法

マネパカードはプリペイド式のカードで世界の6通貨を1枚のカードにチャージできる画期的なカードです。国際ブランドであるマスターカードが使えるお店ならどこでも使えます。

マネパカードはクレジットカードとは違い、15歳以上であれば審査なく発行することが出来ます。

マネパカードの発行方法とは【1から10まで徹底解説!】

この記事は海外旅行や留学に便利な年会費無料のマネパカードの発行方法を解説しています。 この記事のリンクからマネパカードを無料で発行することが出来ます。 まずは申し込みサイトへ移動 用意するもの パスポ ...

続きを見る

両替手数料は「1通貨あたり2.5円」で、その他の手数料は実質かかりません。

空港で両替すると1通貨あたり3円かかることを考えると得ですし、送金手数料もかからないのでお得です。

またアメリカ以外にもカナダや香港、オーストラリアなどの通貨もチャージできるので、世界中を旅したい人や、これらの国に留学・旅行の予定がある方はマネパカードの発行を強くおすすめします。

こんなにメリットが沢山あるマネパカードですが、じつはもっとお得に使う方法があります。

ココ
マネパカードは海外に行く人は絶対持ってたほうがいいカードだよ!

マネパカードとFX口座を組み合わせて送金する方法

マネパカードを発行しているマネーパートナーズはもともとFX投資の会社です。「円→ドル、ドル→円」に両替するときのレートで利益を得る投資方法ですね。

なので、大量に「円→外貨」の取引が発生しているので、取引手数料も安く抑えられています。

具体的には「1通貨あたり0.003円」しか手数料がかかりません。約0.3%です。

FX口座を使った留学資金の送金の流れとしては以下のとおりです。

  1. 日本の銀行口座にお金を準備する(住信SBI銀行がおすすめです)
  2. 日本の銀行→マネーパートナーズFX口座に入金
  3. FX口座内で円を外貨に両替する(手数料1通貨あたり0.003円)
  4. 両替した外貨をマネパカードにチャージする(手数料が1%かかる)
  5. マネパカードを使って海外でショッピング(1%キャッシュバック)

以前はマネパカードにチャージする際に手数料はかかりませんでしたが、法的な問題なのか今は1%の手数料が取られます。

しかし、その分海外ショッピングで使うと1%キャッシュバックされるので、実質手数料はかかりません。

つまり1通貨あたり0.003円のコストだけ。

【マネパカード×FX口座】の更に詳しい情報が知りたい方は、マネーパートナーズで留学資金を送金するのは得か?損か?の記事をご覧ください。

この方法を実践するにはFX口座を開設しなくてはいけないのと、FX口座とマネパカードのユーザーが一致していなければいけません。

またFX口座の開設とマネパカードの発行に1ヶ月位かかるのですぐに渡航までに余裕があることが前提です。

ちなみに、「FX口座開設のついでにFX投資でひと儲けしよう」と考えたのならばおすすめしません。

僕も投資が好きなのでいろいろな投資をやっていますが、素人が簡単に儲けられるほど甘い世界ではないのでFX投資をする人は全力でFXの勉強して下さい。

せっかく大切な留学資金を水の泡にするのはもったいないです。

おすすめ送金法の比較

いまご紹介した4種類の方法を使って留学資金100万円を送金する場合の手数料を比較しましたので、ご参考にして下さい。

ちなみに同じ日の同じ時間で比べた場合のレートで算出しています。これを見ても銀行でのレートは若干条件が悪いですね。

トランスファーワイズ

マネパカードのみ

マネパカード+FX口座

レート

110.04円

110.05円

110.05円

手数料合計

8061円

22716円

3000円

特徴

  • 手数料が明瞭
  • 100万円以上は追加コスト
  • 送金先の海外口座が必要
  • 空港やよりも良いレート
  • 6通貨がチャージできる
  • 高校生でも発行可
  • ATMで現金引き出し可
  • フットワークが軽い
  • 海外口座を持っていない人向け
  • アメリカ、カナダ、イギリス、香港、オーストラリア、ヨーロッパに滞在予定の人
  • 手数料最安
  • 1通貨0.003円
  • いつでも両替
  • 送金額に限度なし
  • 海外口座を持っていない人向け
  • ATMで現金引き出し可
  • ドル、豪ドル、香港ドル、ユーロ、イギリスポンドがチャージできる

おすすめな人

  • FX口座の開設に抵抗がある人
  • 100万円以下の送金でOKな人
  • 高校生(15歳以上)
  • 準備を急ぐ人
  • 大学生以上のすべての人
  • 準備期間がある人
  • コストを一番抑えたい人

おすすめ度

★★★

★★

★★★★

ココ
全部同じ日の同じ時間で算出してるよ!普段使いにはマネパカード、大口の送金はトランスファーワイズが便利なんだね!

送金コストを44%〜79%下げるおすすめの方法 まとめ

「UFJ銀行」と「マネパカード+FX口座」を比較すると79%も安く、「UFJ銀行」と「トランスファーワイズ」を比較すると44%もコストを抑えることが出来ます。

比較から見ても「トランスファーワイズ」を使うか「マネパカード+FX口座」を使うかという選択肢になってくると思いますが、どちらもメリット・デメリットがあるのでそれに関してはコチラの記事をご参考にして下さい。

マネパカード vs トランスファーワイズ【君はどっち向き!?】

海外留学をするのに、授業料や生活費の決済を「マネパカード」でするか「トランスファーワイズ」で送金するか悩んでいる方へ。 マネパカードとトランスファーワイズのメリット・デメリットについて知りたいですか? ...

続きを見る

またFX口座の開設は手数料がかからないので、迷っている方はとりあえずでもFX口座を開設しておくことことをおすすめします。

迷っている時間を留学に必要な別のことに使えますし、FX口座を開設したからといって何かが減ることはありません。

留学は事前準備や行ったあとでの生活のセットアップが本当に大変なので、渡航前の貴重な時間を効率よく使って楽しい留学生活を送って下さい!

この記事では僕が実践したこころからおすすめする送金方法をご紹介しましたが、他にも留学資金の準備方法やアメリカでの生活などに関する情報も発信しています。そちらもぜひご参考にして下さいね。

留学資金を送金するベストな方法を徹底解説!【上位5種類】

留学の送金方法の種類について知りたいですか?この記事では留学にあたって必要な授業料や生活費の送金方法についての解説をしています。 この記事を書いている僕はアメリカのフロリダ州にある大学に留学した経験が ...

続きを見る

-留学
-

Copyright© たろぺろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.